短編2
  • 表示切替
  • 使い方

藁人形の効力

知り合いの和尚さんに聞いた話です。

俺は用があって、和尚さんの寺に向かった。

門を入り、寺に続く階段を昇っていると、途中に大きな木があり、いつもは気にせず通り過ぎるが、その日は何故か気になったので近寄ってみた。

.....後悔した。

それは、沢山の釘が打ち込まれた藁人形でした。

中からは髪の毛の様なものがはみ出ていて、呪いの相手であろう顔写真は誰か判らないほど打ち込まれている。

俺は驚き、すぐに和尚さんを呼びに行った。

和尚【ありゃ、またか】

俺【...また? そんなにしょっちゅうあるんですか?】

和尚【うん、最近はめっきり減ったから安心してたんだけど、いつ見ても嫌なもんだ。】

気持ち悪くて本当に嫌だった。

和尚は馴れた様に白い手袋をすると、それを外しながら俺の疑問に応えてくれた。

俺【こんな事して、そもそも本当に効果があるんですかね?】

和尚【効果があってもなくても、怖さを知らずにやってる輩が多い!】

そもそも呪いは自分より弱い者や弱っている者にしか効かない。

そして呪った念力は、留まったり消滅する事は無く、必ず戻って来て自分を苦しめる。

ひどい場合は、それが原因で不治の病にかかったり、気が狂ったり、最悪死んでしまう事もある。(念返りと言う)

念返りにはもう一つあって、相手が自分よりも念が強かったり、先祖や神様に守られていると、効かない上に守護している存在の力に比例して、もっと強大になって自分に返ってくる。

生半可に効力があるから、呪いの藁人形は中々無くならないらしいが、うまく相手を呪えたとしても「人を呪えば穴二つ」は本当の事だと言ってました。

和尚さんが、これだけは覚えていてと言ったのが、殆どの人には守護霊がついていて、様々な事から守ってくれているが、どんなに相手が悪くても呪うような事をすれば、守護霊や先祖はその人と波長が合わなくなり、守りたいのに護れなくなるのだそうです。

【因果応報の原理で人に辛い思いをさせた人間には必ず報いは来る!】

と言ってますから、それを信じて普段からなるべく言いたい事は言って、溜めない様に前向きに生きて行きましょう!

怖い話投稿:ホラーテラー りんごあめさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ