短編1
  • 表示切替
  • 使い方

コスモエナジー

前回私は走りで人間を超えた

今回は力で人間を超える

相手はエベレストだ

この巨大な相手を持ち上げる為私は役二十年のトレーニングをつんだ

ボーリングの玉のように硬く大きく肥大した上腕二等筋

鉄のこん棒のような上腕三等筋

上半身その物が巨大化して私の体を三角形として足をbと右肩をaとして直線で結んだ物を一つの辺baとすると

足bと左肩cを直線で結んだ物を辺bcとする

辺baと辺bcの間の角は60度

つまり私の体は正三角形なのだ

その美しすぎる肉体から腕をだしエベレストをわしづかむ

全身の力を使い持ち上げようとするが

ぴくりともうごかないのだ

だが私は諦めない

もう一度力をいれ

今度は緩めず力み続ける

脳の血管が音を立てちぎれて行く

私は吐血してその場に倒れこむ

だが諦めない

突然空から白い雪が降り始める

なんてフェアなやつなんだ

私の火照った体を冷やしてくれるつもりらしい

もう一度

もう一度力をいれ

書くのめんどくなった

ごめんな

タグはあってるからさ

怖い話投稿:ホラーテラー サイコ男さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ