今も続くストーカー?だよね…

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

今も続くストーカー?だよね…

長文で下手ですがお暇な人は読んでくだされば。霊などではないですが私には最近からちょっと怖くて。

私が高校生の頃なのでもう数年たつ話です。

当時私は部活に燃えていて恋には無縁でした。そんなに強くはないです。

ある大会の事です。

次は自分の番になりいつも通りに試合していました。試合はいつも通りに終わり(この時は勝ちました)挨拶をし終えて自分の場所に戻ろうとした時ふとある視線に気づきました。

それは最近知り合った男友達でした。

この男友達とは友達の知り合いということで何回かグループで遊んでいただけでやはり私は部活が忙しいのであまり親しくなかったのですが…顔はいい顔立ちの人です☆でも私的にはタイプが違います。

その日を境に試合があればその人は必ず見にくる用になりました。だれか知り合いがいて見に来ているとしか思ってませんでしたし。

まあ見に来ていてもその時は何も無かったので良かったのですが…

そんなこんなで一年が過ぎて試合を終えて自転車で帰っている途中にその例の男が同じく自転車で後ろを走っていました。

この時点で私は

『あれ?この人家こっちでないはず!…用事でもあってこっちに来たのかなぁ』って感覚で思い気にしてませんでした。

私は試合が終わってから良く仲間とファーストフード店によりプチ反省会を開いて帰ってたのですが気づいてしまいました。

その人はずっと外で私を見ているのを!

しかも張り込みの刑事みたいにそこのファーストフードで買ったハンバーガーを食べながら…

私達が店から出るまで何時間も…

少し気持ち悪く友達に話した所友達もその人には気づいていたらしいのですが…あまりにも気持ち悪く言えずにいたそうです…

その日はそれで終わったのですがある部活が休みで家でのんびりとしていた時にチャイムがなりました。

友達と遊ぶ約束をしていたので友達と思い出ました。

そしたらなんとあの男がいたのです!

家だって教えてなかったしあまり遊んだ時も話してなかったんですよ!

ちょっと気味が悪く

『何かご用ですか?』

と訪ねたらいきなり抱きしめられて

『俺は君が心配で心配でずっと見つめていたのになんで…なんで気づいてくれないの?君は本当は僕の気持ち分かるよね☆だから僕と一緒に居よう☆』

といきなり抱きかかえて外に出て歩きはじめました。

私はと言うとあまりにもいきなりでびっくりして声が出なくなり体が動かなくなってました。

その時うちの母親が

買い物から帰ってきて私をみつけるなり

『あんたなに外でそんな事やってるの(笑)恥ずかしいから辞めて家に入りなさい!。』

と…

その言葉に私は動く事を思い出しその人が母親の言葉に驚いてる隙に離れて母親と家帰りました。

その人も母親がいるので追ってきたりなどはありませんでした。母親に言ってもただじゃれてただけだべとかいつの間に男出来たのとかだけで信用して貰えませんでした。

その後も家の周りをうろちょろされたりしていました。様子を見ているみたいですが少し経つと帰っていきます。

その後夕方ポストに行ったら手紙が入っていて内容が

『僕は〇〇〇が大好きでした。

だから君の迷惑にならないように見守ってたけどいまは大丈夫みたいだね☆

だけどいつ危険が起こるかわからないからこれからも僕は君を見守ってるよ☆

一日中は無理だけどね☆

たまには僕ともあそんでね☆

僕の可愛い子猫ちゃん☆』

と言う内容の手紙です。

今も続いてます。

警察に一回相談しましたが被害がなければと言われるだけです。

家を出て1人暮らしをしようと今準備中です。

でもこんな事あれば今までは家族いたからいいけど…

1人暮らしはと不安で仕方ないです…

何かあったら駄目なんでここに投稿させていただきました。

でも最近なれてきてあまり気にも留めずにいたのですが…

兄が結婚するために

家を出て1人暮らしをしようと今準備中です。

でもこんな事あれば今までは家族いたからいいけど…

1人暮らしはと不安で仕方ないです…

何かあったら駄目なんでここに投稿させていただきました。

怖い話投稿:ホラーテラー 今は店員さんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ