短編2
  • 表示切替
  • 使い方

トラック好きな男の子

今から十五年前、僕は仕事で青森から東京築地までトラックで魚を運ぶ仕事をしてました。

 その日は11月の寒い日。

 渋滞にハマらず順調に東京入りし、時間は確か午前2時頃。まだ築地で魚を降ろすには時間があったので少し仮眠しょうと思い、築地市場まで100m位手前の高層ビルの並ぶ通りにトラックを停め、ラジオを聴きながらいつの間にか寝てしまいました。

 夢うつつに何か「ぶぅーぶぅー」と言う声を聞いた気がして、目が覚めました。

 トラックのパネル時計は午前2時40分を指していました。

 お笑いタレントのラジオの音に混じって「ぶぅーぶぅー」と言う子供の声が確かに聞こえます。ラジオのスイッチを切っても20秒位毎に1度「ぶぅーぶぅー」と聞こえます。

 僕はタバコに火を点け、気分転換に高速のパーキングエリアで買っておいた冷めたブラックコーヒの缶を開けて飲み干しました。

 通りはたまにタクシーやトラックが走り抜けています。

 ふとの助手席の窓を見ると、笑顔の可愛い、見た目3~4才位の男の子が、トラックの窓の外側から窓を道に見立て、「ぶぅーぶぅー」と言いながらオモチャのトラックを上下左右に手で動かしていました。

 こんな時間に、それも子どもの背丈より遙か高い12トン車の窓の外で、小さな子どもが遊ぶなんて事、ありえません。

 僕は慌てて外に出、助手席側に回りましたが、無論男の子は居ません。

念のためトラックの周りを確認しました。

 すると、僕のトラックは左後輪で、道ばたに供えてあったらしい花束とトラックのオモチャを踏み潰してたんです。

 おそらくこの場所で交通事故で幼い子どもが亡くなったんでしょう。

 僕は急いで築地市場に向かい、一番で魚を降ろした後、すぐに市場入り口近くの交番でオモチャ屋の場所を聞き、店が開くのを待ちました。

 現場に戻った僕は、買ってきた花束と線香、そしてトラックのオモチャを供え、手を合わせました。

 今でも思うのは、お供えを踏み潰してたのに、あの男の子は何故笑顔だったのか、です。

 きっとトラックが大好きだったのでは、と、勝手に解釈しています。

怖い話投稿:ホラーテラー 三番星さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
25000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ