短編1
  • 表示切替
  • 使い方

馬鹿VSねちっこい武将

私さ戦国時代の恋愛ゲームしてたんだけど。

真面目にある武将に恋して、彼氏に「マジ○○が好きぃ」とか言ってたの。

彼氏は「おま、マジキモい」くらいしか言わなかったんだ。だからずっと好き好き言ってた。

ある夜中、息苦しくて目が覚めたら、本格的に鎧(?)つけた侍風な人に、首に刀を突き付けられてた!

怖くて動くどころか声も出せずにいたら、ぶつぶつ何かを言って消えたんだ。

たぶん昔の言葉なんだろう、馬鹿な私には理解できず…。

それから半年後、彼氏と結婚が決まり、彼のご両親とイロイロ話してたら、実は彼氏、結構有名な武将の血筋だったとさ。私馬鹿だから知らなかったけど、私が恋した武将と敵対関係だったらしい。

今だにご先祖様には認めてもらえてないらしく、墓に触ると静電気の強いよーなのがバチンときます。

てか、戦国時代とかどんだけ前だよー!

あんましつこい男はいかんぜよ!

と思う今日この頃。

怖くなくてすんません。でもまったく霊感ない私に見えるほどのご先祖様、マジどんだけ根に持ってんだよ!?

怖い話投稿:ホラーテラー すぐるくんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2860
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ