短編2
  • 表示切替
  • 使い方

謎の少女

姉と私は家がどのように奇妙であるかを知っている…

私たちの親と妹も、自分自身を信じることができることを確認されていません。

しかし、知っている。

毎晩、私のドアの過去の足跡クリープや声をお互いにささやくことを…

私は安全を願っています。

毛布の襞の奥に埋められた私の掛け布団、下に丸くなっています。

ところが…

ある夜、私は自分の部屋のすぐ外に、ホールで歩いている人を聴いてしまいました。

毎晩、音は、十分な恐ろしいことに近づいています。

今夜は、ドアは震えを処理します。

私はロールオーバーゆっくりと開いているドアを見詰めました。

私は息を押し殺しました。

ところが、誰もいないにも関わらず、影がアを通って歩いて来るのです。

私は頭の上に毛布を引いて、私の目を絞ってシャットダウン!

後の展開を祈って、誰かのために私のためにを祈って!

お腹が手の平でしたが、私はそれが誰かを知っていました。

カバーの下から出て、じっと私の目をまっすぐに見つめる、ドアのそばに少女の立って居たのです。

私の目は狂気に満ちていましたが、彼女は私を知っていたのです。

すなわち…

それは幽霊。

私は普段の生活の中で彼女を見たことがなかった!

数秒間、彼女は出入口に浮かぶだけで、幻影を動かずに残っていました。

それから、私には機械のように手を振っているかのように見え、彼女の腕を持ち上げて動きが私に向かって前進!ドリフトをしてきました。

彼女の過去に腹を立てて、私の心はレースの照明をいじっていました。

私の周りぐるぐると見て…何度も何度も…

再び少女を見ることはありませんでした。

時には、私が油断しているとき、彼女は、私の毛布を揺さぶったり、冷たい指で私の足を撫でてきました。

でも…

彼女は私に言ってきました。

来て何泊も言わない残されていることを…

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ