短編1
  • 表示切替
  • 使い方

深夜のエレベータ

残業が終わると、時計は深夜2時を回っていた。

その日は会社に誰も残っていなかった。

左側のエレベーターのボタンを押した。

階数表示ランプが静かに点滅する。

35‥30‥25‥

私の会社のある、20階までは少し時間が掛かる。

エレベーターの扉が開いた。

この時間帯にしては珍しく、人が数人乗っていた。

私は壁に寄り掛かり、半ば眠りながら1階に到着するのを待っていた。

不意に軽い振動があり、無言のエレベーターは途中の13階で止まった。

私以外の人間はそこで降りた。

私も反射的に降りかけたが、ふと目を覚まして思いとどまった。

帰りのタクシーの中で、あることを思い出した。

左側のエレベーターは、5の倍数となる階でしか停止しない筈だった‥。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ