短編1
  • 表示切替
  • 使い方

限界への挑戦。

私が、中学三年の頃の話。

九月ごろだったと思う残暑がのこる日だった。

その日、部活帰りで遅く帰宅し早々とベットに入った。

突然目が覚めて体を動かすも動かない、目だけが天井を見つめて金縛りに耐えていた。

金縛りはいつもの事なので驚かないし気にもしてなかった。

今日は、どこまで金縛りに耐えられるか試してみた。

部屋は、月明かりでうっすらとし、辺りは静まりかえっていた。

フッと足元から徐々に暗闇が広がり、吸い込まれるような感覚がした、だがッまだ耐えた。

しかし、途方もない孤独と死を感じたため私は、諦めて体を動かした。

すると、案外アッサリとけた。

んッ!?気付くと弟二人が私のベットの上に寝ていた。

金縛りに慣れていたせいか、不覚にも、辺りを見渡し忘れたのだった。

あれッ??一度台所に向かってから部屋に戻ると弟達の姿は無かった。

自分の部屋に帰ったのか!と思いベットへ入った。

確か今日、弟達は友達ん家に泊っているはずだよなぁ、冷や汗が額に流れた。

(注意)この話はフィクションです。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
30300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ