短編2
  • 表示切替
  • 使い方

巫女さん

中学生のときのこと。

当時住んでた埼玉のくそ田舎の神社に、悪友二人とよく遊びに行ってた。

境内の裏でタバコ喫ったり、施設に落書きしたり。

大きなワルはできない小ヤンキーだったわけやね。

ある日、友達二人が都合悪くて遊べないって言うから、一人で神社行ったのよ。

やることなくてベンチに腰かけてケータイいじってたら、知らぬ間に若い巫女さんが近くに来てた。

「ちょっと」って手招きされてついてったんだけど、いたずらがバレて怒られるのかと思ってドキドキした。

(´_ゝ`)チキンですよ

神社の敷地から少し出た所に小さい林があって、その林の入り口で巫女さんは立ち止まった。

猫がしきりに鳴いてるのが聞こえた。

彼女が指さした木の根元の茂みから鳴き声がしてたんで、のぞいてみた。

いましたよ。子猫ちゃん。

こっち見て必死にニャーニャー言ってた。

腰から後ろ足にかけて潰されてて、赤く(てかどす黒く)なった下半身に蟻がいっぱいたかってた。

驚いて巫女さんを見たら、びっくりするくらいの無表情で「ね?」って言ってすたすたと神社の方に戻って行った。

それ以来あの神社には行ってない。

****************

その時の巫女さんがアッキーナに似ていたのは言うまでもない。

その後「アッキーナ似の巫女」はネットで話題になり、あらゆるホラーシーンに登場し都市伝説化された。

(・ω・)ていう話

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
24700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ