短編1
  • 表示切替
  • 使い方

サンタさん

ヨシオ君は小学2年生。

普段お父さんやお母さんにはせがめないような物をもらえるよう、その年のクリスマスの夜、

毎年吊るしている靴下に、その日は特別に

『どうかいちばんいいものをください』

と書いた紙を入れておきました。

翌朝目が覚めると、靴下にプレゼントは入っていませんでしたが、代わりにお願いを書いた紙の裏に

『じゃあ見逃がしてやるよ』

と書かれていました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
30100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ