短編1
  • 表示切替
  • 使い方

助かった私

私、私の彼氏、A、Aの彼氏の4人でドライブに行った時の話です。

私と彼はバイクに乗りAとAの彼は車で山に行きました。

帰れりに雨が降ってきて、さすがにバイクの2人乗りは危ないので私はA達の車に乗せてもらい帰る事にしました。

私達はバイクで帰ってくる彼を家で待ってました。

しかし彼は帰ってきませんでした。

彼はバイクを滑らせ事故死しました。

私が悲しみにさ迷っているとA達が急に、

「もし、彼が家に来てもけしてドアを開けちゃだめよ」っといいました。

私は意味が理解出来ませんでした。

しかし数日後、(トントン)と家のドアを叩く音が聞こえました。

私が「どちら様ですか??」と尋ねると「俺だよ」っと死んだはずの声がしたのです。ダメだと言われてましたが私は彼に会いたくてドアを開けてしまいました。

(ガチャ…)

気がつくと私は病院のベッドで寝ていました。

そして彼が心配そうに私を見つめていました。

そう、事故にあったのは私達の方だったのです。

後から聞いた話によるとAとA彼は亡くなったそうです。

怖い話投稿:ホラーテラー ムンクさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ