短編1
  • 表示切替
  • 使い方

非常階段

とある空きビルで、奇妙な現象が起きるという噂を聞いた・・・・・・。

その噂を確かめるために、ビルへ行ってみることにした。

細い路地を抜けた所に、そのビルは存在していた。

ビルの中は、彼方此方に塵が散乱していて、足の踏み場がない程・・・・・。

奥の方に階段を見つけたので、そこから2階の方に上がってみることにした。

途中で、何か人の気配を感じたような気がした。

誰かに見られているようなそんな気配が・・・・・。

噂というのは、この階段で奇妙な現象が起きるというのだが・・・・・・・

見た所、何ともない只の階段のように見える。

脇に非常階段という看板がある。

実は、この非常階段を上まで昇ると、下に降りることが出来ないというのだ。

幾ら降りて行っても、グルグルと同じ階を回ってしまうという・・・・・・。

突然、何かに引き寄せられるようにドアを開けた・・・・・。

そこで見たものは・・・・・・。

このビルに入って行く自分の後ろ姿だったのだ。

危険を感じ、慌てて階段を駆け降りた。

後ろを見てはいけない。

そう思いながら・・・・

もし、あのまま上まで昇っていたら、噂通りになっていたかも知れません・・・・・・・・・・・・。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ