短編2
  • 表示切替
  • 使い方

首吊り人形

てるてる坊主…それは次の日、晴れるようにと願いが込められた人形

しかし見方を変えれば、首を吊ってるように見えないだろうか…

これから、てるてる坊主にまつわる恐ろしい体験談をお話しましょう…

6月の梅雨の季節

30歳、無職の俺は その日も家でゴロゴロしていた

毎月、親から小遣い1万円を貰っているが、今月の分は早々にパチンコで使い果たして無くなった

その為、やることがなく暇な毎日を過ごしている

考えるのはパチンコの事ばかり…

金さえあればパチンコが打てる

しかし働くのは面倒だ

楽して金を手に入れたい…

しばらく考えると、俺は楽して金を手に入れる方法を思い付いた!

どうしてもパチンコがやりたい俺は、軍資金として金を手に入れる方法を考えていた

そして、ある方法を思い付いた

家にある物をリサイクルショップで売って金にしよう!

そして俺は家の中の物を物色する

親の趣味で集めた

韓流ドラマのDVD

脳トレの為に母が買ったDS

父のゴルフクラブと釣り竿

取り合えず、これらを売って金にしようと考えた

しかし、これが原因で この先、大騒動になるとは夢にも思わなかった…

この時の俺は、とにかくパチンコがやりたい一心で、金に目が眩み正しい判断が出来なかったのだ

そんな大騒動になるとは夢にも思わず、俺は売る物を まとめでリサイクルショップへと向かった

キキーッ

バガァアッン

突如激しい痛みに襲われた

前方に車が猛スピードて逃げていくのが見える

売ろうと思っていた物が周辺に拡散した

「た、たすけ…」

売らなきゃ、売らなきゃ、

しかしやはり後悔の渦の中で意識が薄れていくのであった…

ー完ー

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ