短編2
  • 表示切替
  • 使い方

教科書

私が小学生の頃。

ある日、社会で使う「のびゆく鈴○市」という教科書を手渡された。

教科書を手渡された日は必ず先生から、「何処かおかしい所がないか、確かめなさい。」と言われる。

私も調べた……その時はまだ「ある事」に気付かないまま……。

さて、私はその日、それを家に持ち帰った。

そしてそれを家族の前で広げて見せた。

…すると、兄がとんでもない事をのたまったのだ。

「あぁ、コレか。お前コレ見た?6○ページ、見てみ。」

…不思議に思いながら私はソレを見た。

…なんて事だろう。

何故こんな所にうちの家族が??????(汗)

…そう。そこには「賑わう商店街」とタイトルをうたれた写真が載っていた。

が、何処からどう見てもうちの家族だ。

…兄…母…ばあちゃん…じいちゃん………どうしてこんな所にっ?(汗)

…どうやら兄貴が小学校に入学する時に勉強机を買いに行った時、写されたものらしい。

…そして私はここには写っていないものの傍にいたらしいのだ…。

…兄は教科書の中で、「修君」にされていた。(笑)

そして、兄はその後、更に問題発言をした。

「お前の一つ前の社会の教科書な、じいちゃんがアップで載ってたで。」

…そういう兄は昔生まれたばかりの時、新聞にでかでかと載った。

そして後日談だが、塾の先生が有名人だったらしく、テレビにも出ていた。

………うちの家族って………

そして更に後日談として、何故兄の名前が修君なのかが判明した。(笑)

……友人の知り合いの先生が、この教科書を作ったらしい。

そしてその先生は、出てくる生徒の名前に、自分の受け持ちのクラスの子の名前をつけていたらしいのだ。

その中の一人。「修君」。

…あぁ…もう何も言わないよ……。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ