短編2
  • 表示切替
  • 使い方

二人の弟

これは僕が小学6年の頃

当時小学3年生の弟と一緒に英語教室に行っていました

ある日、英語教室が終わり

二人揃って自転車で帰路につきました。

少し行った所で後に付いてきていた弟の姿がないのに気付きました。

弟を探すべく周辺を探してみましたがみつかりませんでした。

『これはまずいことになった』と思い、仕方なく1人で帰宅しました。

事情を説明し、家族、近くに住む叔母で捜索しましたが見つからず、気付けば9時を回っていたので両親が警察に捜索願いを出そうかと言っていた頃1本の電話が入りました

それは別のルートを探してくれていた叔母からで、「君(弟の名前)見付かったわよ。今から連れてかえるね。」

この一報で一家は安堵し、帰りを待っていました。

ガチャッ

玄関からドアの声が聞こえた瞬間一家は一斉に玄関まで走りました。

そこに立っていたのは

弟だけでした

両親は不思議に思ったものの弟を問いただしました

弟曰く

「英語教室終わってお腹がすいたので駄菓子に寄って、英語教室から近くの△△公園に居た」

叔母についても会っていないとの事でした

すると1本の電話が入り、対応した母の顔が青ざめました

叔母が事故に遭ったとの事でした

幸い命に関わる怪我はなく骨折、打撲程度でした

叔母は弟について

・墓地の前の坂道で弟を発見

・うつむき加減だったが何度も顔を確認し、弟に間違いなかった

・車内でも一言も口を聞かなかった

・事故現場は叔母だけで、弟の姿はなかった

とのことでした

では叔母が見た弟(人物)は誰だったのか…

今でも一家が揃った時には必ずこの話が出ます

ここまでお付き合い頂き

ありがとうございました

怖い話投稿:ホラーテラー 貞子さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ