よくある話(タイムマシン編)

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

よくある話(タイムマシン編)

ある精神科医は昔、人を殺したことがあった。

診察中に興奮した(?)見知らぬ高齢者が自分に襲いかかってきのだ。

彼は思わず持っていたペーパーナイフで患者に対抗した。

その結果、患者を死に至らしめてしまった、ということである。

彼はずっとそのことを後悔していた…

医師として…人間として…

…それから何十年か時がたった。

彼の頭髪は薄くなり、体型もすっかり老人のそれになっていた。

そんな中でも、彼はずっと過去の過ちを悔い続けていた。

…世には「タイムマシン」というものが完成していた。

ただし、乗るには莫大な費用がかかる。

しかし、彼はそんなこともお構いなしにタイムマシンへの搭乗を熱望した。

乗る理由は…自分が犯した何十年か前の過ちをなかったことにするためだ。

過ちの年、時間、場所…

彼はこの何十年、一度たりとも忘れることはなかった。

かくして、彼はやや興奮状態でタイムマシンに乗った。

着いた年は、相手を死なせてしまった年とぴったり一致。

時間も死なせる数分前だ!

そして、患者を死なせてしまった診察室へ向かった。

若き日の自分を止めるため…!

彼はかなり興奮していた。

怖い話投稿:ホラーテラー たけっぴさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ