短編1
  • 表示切替
  • 使い方

いろはにほへと

先に断っておきます。有名な話しです。それでも読んでくださるなら、うれしいです。

いろはにほへと

ちりぬるを

わかよたれそ

つねならむ

うゐのおくやま

けふこえて

あさきゆめみし

ゑひもせす

一文字も被らずに作られた名歌です。でも、この歌にはこんな話しがあります。

江戸の頃の話しです。

とある村に、身なりの汚れた一人の男が訪れました。大人たちは、よそ者であるその男と関わろうとしませんでしたが、子供たちは興味津々。

数日も経たない内に、村の子供たちと男は友達になりました。

ある日、男は子供たちに歌を教えます。

いろはにほへと

ちりぬるをわか

よたれそつねな

らむうゐのおく

やまけふこえて

あさきゆめみし

ゑひもせす

子供たちは意味が分かりません。そんな子供たちに男は

「この歌はね、最後が肝心なんだよ」

と言いました。

それからまた数日後、村から少し離れた町から役人がやってきて、その男を連れて行ってしまいました。

男は殺人を犯した重罪人だと言うのです。

ほどなくして、男は死刑になりました…

男が残した区切りのおかしい歌と、「最後が肝心」の言葉。気付かれてる方も多いと思います。

と か な く て し す

とが(今で言う罪)無くて死す

無実の罪で処刑されます

ということです。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
32000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ