短編2
  • 表示切替
  • 使い方

帰り道…

私は宮城県に住んでいる小6です。

私は一昨年あたりから、姉と母と同様の霊感がつき始め、音が聞こえたり、空気などを感じ取れるようになりました。

時には影も見えます。

そんな私が体験した、怖い出来事を聞いて下さい。

あの出来事は、今から2週間前に起きました。

ある日私が、公文から帰っていた時のこと。

その日の公文は、夕方17時頃終わり、私は寒いなーと思いながらいつもの帰り道を歩いていました。

私の“いつもの帰り道”は常に1本道で、新しい家々が連なっている所です。

そして

中学校の門と小学校の門の前を通らなといけません。

私はいつも、その門を通るのが怖くて、毎回早歩きで通っていました。

小学校の門からは、小学校も見え、職員室の光が見えているだけで後は真っ暗です。

私は、不気味だなー…と思いつつ、早歩きで小学校の門を通りました。

その時です。

(ヌワー…)

生暖かい、もわりとした気持ち悪い風が私の横を通りました。

えっ?

私は途端に背筋に冷や汗が垂れ、酷い耳鳴りがしました。

だって、今は真冬。

生暖かい風なんて、絶対あり得ません。

私は何かを感じ取り、走りました。

夢中になって走りました。

そしていつの間にか、中学校の門も通り過ぎていました。

そしてやっと、車が通る下り坂に出ました。

私は車の灯りと坂道を上ってくる高校生などを見て、一気に安心し、気が和らぎました。

あー…怖かった…。

でも何だったろさっきの…

その後私は、素早く家に向かいました。

そして、家に着くなりインターホンを押し、お婆ちゃんが出ました。

『はーい、どちら様?』

『私私ー!!お婆ちゃん早く開けてー』

『あ、○○かー。分かった分かったじゃあ開けに…って○○』

『何?』

『隣にいるのお客さん?』

『…ぇ……?』

『ほら!!今こっち向いたじゃなない』

私は黙った。

『?…じゃあ○○ー、今開けに行くから』

(ガチャ)

玄関が開いた。

『おかえり。…あれ?さっきの女の子は?』

『ハ、ハハ…何言ってんのお婆ちゃん、誰もいないよ』

私は半泣き状態で言い放ち、すぐさま部屋に行った。

そしてビックリした。

部屋にいた。

部屋にいたの。

真っ赤なランドセルを背負って、悲しげに立ち尽くしている女の子が。

怖い話投稿:ホラーテラー 嵐さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ