短編1
  • 表示切替
  • 使い方

起爆剤

書こうか迷った

知人の実体験から。

10年位前になると思います

無差別通り魔殺人で女子大生が殺害されました

犯人は有名なので隠しますが

ある動物の帽子を被った知的障害の男

事件が起きる前日

知人(女)が道を歩いていた時

ある動物の帽子を被った男とすれ違った

その時、軽く肩が打つかった

謝るまでもないと思い、そのまま歩いて行ったそうです

だけど、妙な帽子を被っていたので思わず振り返って見てしまったそうです

その、ある動物の帽子を被った男は

立ち止まって、知人を睨んでいたらしい

その2日後に事件が起きました

知人は

『自分は女だし、あの時犯人のスイッチを入れてしまったかもしれない』

と相当思い悩んでいました

もしかしたら知人が狙われていたかもしれない

殺意はいつ、どこにあるかわからない

そんな世界が怖いと思いました

被害者の方には

強く、心よりご冥福をお祈りしております

怖い話投稿:ホラーテラー 怖い物有りさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ