中編3
  • 表示切替
  • 使い方

⇒(矢印)

私達3人組(A子、B子、私)は怖いもの好き看護学生。

とくに病院関係に目がない。

ある田舎の病院は広大な敷地を誇っていた。

だけど、建物がとても古かった。

で、お約束のように訳のわからない心霊まじりの噂が飛び交う。

さすがに病院のトップも病院を建て替えることを決定。

…かくして同じ敷地内に新しい病院が完成した。

古い病院はそのまま残されていた。

新病院完成のせいで、取り壊す予算がないかららしい。

私達はこれ幸いとばかりに、その病院の肝試しを敢行した。

…夜中一時。

病院の鍵はかけられていなかった。

どうせ、盗むものもないからだろう。

いともあっさり病院内に潜入。

玄関

廊下

受付

病室

概ね病院内散策は終了。

夜中の病院とはいえ3人で、懐中電灯もある。

私達もオカルト系の話にのめりこみすぎたせいか、あまり怖くなかった、というのが正直な感想。

(一人だったらそんなことはないんだろうけど…)

でも、ひとつだけ入ってないところがある。

⇒1. 手術室

 2. 霊安室

 3. 地下室

手術室(手術病棟?)は4階にあった。

その中にはまず、手術用のガウンを着るロッカーがあった。

その隣には、手洗いのための水道場。

私達も実習で手術室見学はしたことがあったので、これらのことは知っていた。

その先に廊下。

そのさらに向こうに実際に執刀する手術室がある。

大きな病院だったので、手術室は科によっていくつかの部屋に分けられていた。

 1.消化器の手術室

 2.整形外科の手術室

⇒3.脳外科の手術室

脳外科の手術室には、古い電動のこぎりがあった。

病院には私たち以外誰もおらず、電気も元から切られている。

それなのに、その電動のこぎりがカタカタ急に動き出して…

…などという展開はなかった。

少しがっかりして室内を散策していると、手術台と思われるベッド(?)の上に紙があった。

懐中電灯を照らしてそれを読んでみると

「このまままっすぐだよ。」

と書かれ、矢印も書かれていた。

⇒1.矢印のとおりに進む

 2.引き返す

 3.違う紙がないか探す

私達は矢印の通りまっすぐ進んだ。

突き当たり。

でも、向こうの部屋へ行くドアがある。

ふと、床を見ると、また紙切れが落ちていた。

「ドアを開けてまっすぐ進んで」

と書かれていた。

その内容の示すとおりに私達は進んだ。

同じような部屋。

部屋の真ん中に手術台がある。

その上にはまた、紙があった。

「頭は左、体は右」

と書かれてある。

私達は

⇒1.右に進んだ

 2.左に進んだ

 3.引き返した

また同じ部屋があった。

そして同じ手術台。

さらに手術台の上には紙切れ。

その紙きれを読もうとした瞬間、

急に入ってきたドアが「バタン!」と閉まった。

 1.ドアを振り向く

⇒2.ドアを振り向かない

皆、勢いよくドアの方を見ようとしたが、急にB子が

「待って!見ちゃダメ!」

と怒鳴った。

B子は紙切れを二人より先に読んでいた。

そこには

「絶対に振り向かないでね」

と書かれていた。

二人は、B子に従った。

沈黙。

振り返っちゃダメなら、ドアの方向には行けないことになる。

つまり、引き返せない。

皆、口には出さないが、そのことを考えているみたいだった。

しばらく時間が過ぎた。

10秒、20秒…1分、5分…?

私はたまりかねて、

「もう、帰ろうよ!」

と言おうとした。

そのとき…

「ギー…」

と、今度はゆっくりと扉が開いた…!

振り返って扉の方を見たくて仕方がなかった。

でも、振り返れない。

ふと、手術台に目をやると、紙切れがもう一枚あることに気づいた。

そこには

「今から頭が行くよ。」

書いてあった。

私達は…

 1.発狂した

⇒2.窓から飛び降りて逃げた

…翌朝、看護学生3人の飛び降り自殺と思われる遺体が発見された。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3721
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

三人死んだらこれ書く人居ない!