中編2
  • 表示切替
  • 使い方

メンテナンス

今年も祖父の家に行く。

そう思うと、少し憂鬱になる。

毎年、お盆や正月には祖父の家がある田舎に行き、親戚一同で集まるのだ。

そこで、じいちゃんに会う。

正直、あまり会いたくはない。

昔は大好きだったが、今は僕にとって怖い存在である。

別に怒ったり癇癪を起こすわけではない。

孫である僕に優しくしてくれるし、お小遣いもくれる。

本当に優しくて、そんなじいちゃんが大好きだった。

あの体験をするまでは…

僕が小学生の時、お盆で田舎に帰っていたときだった。

その時はばあちゃんが亡くなってから随分経っていて、じいちゃんは一人で暮らしていた。

久しぶりに僕達に会って嬉しそうなじいちゃん顔を覚えている。

日が暮れるまで従兄弟達と山や河原で遊び、その日はみんなで夕ご飯を食べた。

その夜のこと。

みんなが寝静まった夜中、僕は目を覚ました。

眠かったが、トイレに行ってから寝直そうと思い、僕はトイレへと向かった。

トイレは客間から少し離れた、じいちゃんの寝室の方にある。

僕が廊下を歩いていると、じいちゃんの部屋から明かりが漏れていた。

「じいちゃんまだ起きてたのか…何してるんだろう?」

ちょうど寝室の襖がわずかに開いていたので、そこからこっそりと覗いてみた。

じいちゃんは起きていたが、普段とは何か様子が違った。

布団の上にあぐらをかいて座っているが、その手にはドライバーが握られていたのだ。

「ドライバー?何に使うんだろ?」

と、疑問に思っていると…

じいちゃんはドライバーを自分の首筋に突き立てた。

だが、ドライバーは刺さるどころかスルスルとじいちゃんの首に入っていく。

「!!」

驚く僕の前で、じいちゃんはドライバーをクルクルと回し始めた。

その時だった。

よく見ようとして体を乗り出した時、僕の額が襖に当たってしまった。

「しまった!」

と思ったが、次の瞬間にはじいちゃんが襖を開けて恐い顔で立っていた。

『なんだ、お前か。』

とじいちゃんは言うと、いつもの優しい顔に戻った。

『いいか、今見たことは忘れなさい。』

「うん…」

と頷くと、じいちゃんは優しく僕の頭を撫でた。

次の日も普段と変わらないじいちゃんだったが、やはりどこか怖かった。

その祖父と今年もまた会う。

だが、最近になって気付いたことがある。

僕自身、自分の首筋にドライバーを差し込みたくなる衝動に駆られる気がするのだ…

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
30900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ