中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ジャングル

東シナ海に浮かぶ島。僕はその島のジャングルに向かった。

 

目的はジャングル縦走だ。

 

一日目は観光ルートを進み、二日目から本格的にジャングルに踏み入れた。

 

ジャングルの夜は本当に真っ暗闇だ。

目が慣れると、うっすら見えると言う事もない。

僕は野宿で日本一周しているので暗闇に恐怖する事はない。

しかし、この島の闇は恐怖を感じる。

それは、この島の歴史が、そうさせれるのだろうか‥

 

この島に秘密の飛行場があったという。

建設には近隣の国から外国人が従事し、死んでいった。

死亡原因は劣悪な労働条件、マラリア、そして秘密保持の為… 

 

不安な夜を五回繰り返し迎えた朝、島の反対側の海に出た。

 

この島には一周道路は無く、この浜に立つにはジャングルを抜けるしかない。

 

やはり、この浜にいるのは僕一人だ。

僕はテントを設営し、一番リラックスできる格好、つまり素っ裸になった。

 

僕は銛を手にし海に入った。

手付かずの自然が残る海で、贅沢な時間が過ぎてゆく。

ふとテントの方を見ると、人影が‥

手に大型のナタを持った裸の黒人だ!

 

ヤバい!僕の直感は逃げろと言っている!

しかし、今の僕は素っ裸だ。

装備も無くジャングルに入るのは自殺行為だ!

闘うしかない!

僕は銛を引き、しっかり握り締めた。

海から上がると、そいつは、ゆっくりと振り返った。

「よっ!どっから来たん?」そいつは馴れ馴れしく話し掛けてきた。

 

イカれた黒人だと思った、そいつは陽気な関西人だった。

僕の直感はアテにならないようだ。

 

 

その夜、その関西人、名倉武人とシマー(泡盛)を飲んだ。

武人は、ここで一人で一年間過ごすと言う荒行に挑戦しているのだと。

日付を教えてやると、とっくに一年は過ぎていた。

寂しくないのか?と聞くと「ああ‥友達なら、ようけおるからね‥みんな死んでるけどね…」

意味深な言葉にぞっとした。

夜が更けてくると、何か気配を感じる。

耳元で何かノイズを感じる。

すると武人が「三合瓶を少し離れたとこに置いとき」と指示してきた。

僕は指示にしたがった。

するとノイズが止み静かになった。

 

武人曰わく「奴らは酒が大好きやねん」

次の朝、不思議な事に、未開封の三合瓶が空になっていた。

武人の『友達』が飲んだのだろう…

僕に霊感が無い事に感謝した。

 

これが名倉武人との運命の出逢いだった。

怖い話投稿:ホラーテラー マア坊さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ