短編2
  • 表示切替
  • 使い方

バス停と少女

しんしんと降る雪の中、僕は今日も最初のバスを待っていた。

最終と言っても早い。5時25分が最終なのだから。

いつもこのバス停で降りる、色白で長い黒髪と、大きな瞳の美しい女の子。

彼女はバス停を降りると、僕が座っているベンチの隣に座る。

話かけたいけど、話しかけられない…だって僕は…自分に自信が無い。

この静寂な時間が何日か続き、彼女は少し休憩したら、黙って帰って行く。

その姿を見守る事しか出来ない僕。

そしてまた今日も彼女は同じ時間にバス停を降りた。

話したい…無理とは思っていても、一度で良いから僕を見て話しをして貰いたいたい。

そぅ思ってる矢先、彼女から声をかけて来た。

『あの…いつもココに独りで居て寂しくないですか?』

驚いた僕は『僕が見えるんですか??』

と訊き返した。

彼女は少し困った顔をしたが、すぐさま『私に見えるのは貴方だけです』と優しく微笑んだ。

彼女は盲目の少女で身内は居なかった。

『生まれた時から視力を失ってしまった私が、初めて目にする事が出来たのが貴方…貴方はいつも私を優しい目で見て下さってましたね。』

『貴方が何者であっても構いません。ここは私が唯一【存在していても良い場所】私は貴方と居れば嫌な事も、何も怖くありません』

『あ、あの…貴女はずっとここで僕と居てくれるんですか?いや、そんなムシの良い話…』

彼女はまた微笑み『はい、ここに居ます。私は貴方と一緒に…それが私の幸せだから。』

初めは僕も躊躇した…彼女がここに居続けたら、彼女はいずれ朽ち果ててしまう…それを彼女が察したかの様に、

『それも私の望みです。私はここで貴方と寄り添って、お話をしていたい…貴方に包まれていたい』

その日から、バス停で僕たちのの時間が始まった。今もそのバス停のベンチで幸せに暮らしている。

もし、僕達を見かける事があれば、優しく手を降って下さい。微笑みを向ける事しか出来ませんが。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
28000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ