短編1
  • 表示切替
  • 使い方

PCから

先月末にあったことだ。

その日は土曜日だったこともあり、

夜遅くまでパソコンで動画サイトを見ていた。

いや、見ていたというか、趣味のイラストを描きながら動画サイトにアップロードされた音楽をヘッドホンつけて流していた。

動画サイトが夜12時の時報を告げる。

パッと画面を覗くと、

画面は省エネモードに切り替わっていて、真っ暗になっていた。

真っ暗なパソコン画面。

自分の写るその後ろの肩越しに、

女がいた。

無気力な表情、口はポカーンと僅かに開いており

体育座りのまま動かない。

どれくらい見ていたかわからない。

しばらくすると、そいつはゆっくりと立ち上がった。

近づいてくる?

この時の自分はパニックになっており、ただ目をぎゅっとつむってガタガタ震えることしか出来なくなっていた。

気がつくと朝だった。

描きかけのイラスト。

やはり夢では無いようだった。

背後のあの女、

その顔は「私」だった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ