短編1
  • 表示切替
  • 使い方

山の魔物

ぼくはことしはっさいのしょうがくせいです。

やすみのひにはおじいとこやまにあそびにいきます。

ぼくはやまであそぶのがだいつきでちた。

ところがあるひじじいがこういいまちた。

「このやまにはなぁきょだいなまものがすんでるべだからぁきぃつけべんくれなんしぇ」

ぼくはまもののはなしをきいてからこわくなってあまりやまにちかよらなくなりまひた。

しかしあるひじけんはおこったのでふ。

ぼくが夜の11時頃にうんこをしたくなってぜんらでやまにのぼっていきました。

うんちをたらしてはっぱでうんちをふいていました。

するととおくから「うへへへ」とこえがきこえました。

ぼくはびっくりしておしっこをもらしました。

だんだんぼくのいるほうにちかづくおとがきこえました。

みてみるとそこにはぱんつをかぶったはげででぶでさけくさいちゅうねんおやじがいました。

ぼくはびっくりして「うひゃぁ」とさけびました。

それにきづいたおやじにぼくはころされました。

これをよんだひとはいつかいないにおやじにおそわれます。ざんねんでした。いまのうちにいしょをかいてください。

怖い話投稿:ホラーテラー たろうくんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ