短編1
  • 表示切替
  • 使い方

遙か久遠の彼方~彼方~

「それじゃあ、先輩。

僕はそろそろ行きます。」

「彼方君。」

「なんですか?」

「いや、なんでもないわ。

いってらっしゃい」

「はい、行ってきます!」

「…気をつけて」

先輩と別れたあと、

僕は遙との待ち合わせ場所へ急いだ。

今日は、二人で過ごす初めての誕生日。

この日のために、色々考えてきた。

確かな自信を胸に、歩を速めた。

今は、午後7時15分。

待ち合わせの時間までは、まだある。

「少し遠回りしよう」

そして、あの場所へ。

「えっ、遙」

「遅かったな、彼方」

「…先輩?」

その手には、ナイフ。

滴るは、血。

「なんで先輩が…」

「約束したからな」

「約束?」

「ああ、約束だ」

その目は、確実に僕を捕らえている。

殺意に満ちたその目。

そして、わらった。

それは、人を殺せる悦びで。

これは一体なんなんだ!?

何がどうなってる…。

混乱する意識の中、僕は問う。

「…あなたは誰ですか」

「久遠」

2011年2月16日、午後7時52分。

それは、とても静かな夜のこと。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ