短編2
  • 表示切替
  • 使い方

マジかよっ!?【改】

《カッパを見ました》

十数年前まだ中学生の頃で夏休み中の出来事、仲間の家で午前中から4~5人で溜まりゲーム、漫画読書などでゴロゴロし、自分は古くから有る妖怪大全集(幼児期なら大概の子は読んでると思う)なるものを読んでました。

そろそろ他の仲間と合流して昼食にするかって外に出てチャリで街を異動中バス停で〝それ〟が目に飛び込んで来た。

背は低め小太り体型、ベルト位置を上げ股に食い込む〝つんつるてん〟のズボン、幼稚園児の様にベルトを短くし右肩から左下にきっちり掛たショルダーバッグ、オレら砕けた中学生にとってそれだけで笑える風貌。

接近した瞬間 妖怪大全集の内容が脳裏を過る。

『マジかよっ』

大全集によると妖怪は日頃人間界で人に化けて生活してる種類も有るとの事【河童】もそうらしい。

遠目からでは判断出来なかった容姿の全貌があきらかになる。

直径15㎝程で綺麗な円を描く薄毛の頭頂部、円の周りで跳ね上がった固そうな髪、おじさんにしては、つぶらな眼、上手く表現出来ないけどタカ&トシのトシが言われてる吸い出された様な口元、鼻孔が前面からでも良く見える低めの鼻、まさに【河童】

思わず大声で『河童だ』と叫ぶ。

オレの叫びで仲間達が爆笑!一瞬何事かとキョトンとするオジサン、他客の忍び笑いで事の次第を把握し尚更赤くなりだした顔、怒りの雰囲気を察知してその場から逃走!

他の仲間達と合流してカッパおじさんの話をすると彼らも見たくなり突撃!

昼間の為バスの本数が少なくカッパおじさんは まだ出発せずに居た。見るなり彼らも爆笑!流石にカッパおじさん怒り大爆発!!!追って来るも真夏の炎天下で皿の水が干上がったのか息も上がりペースダウン、楽々逃げ切る。

彼らが戻りオレが妖怪大全集のくだりを聞かせると又々大爆笑!笑い過ぎて2~3日腹が筋肉痛。

…その後も何人か妖怪?らしい人々を見かけます。仲間からの目撃談も有ります(笑)。

…もしかしたら本当に妖怪は人間に化け人間界で生活してるのかも知れませんね。

………だって妖怪大全集の監修は水木しげる先生なのですから。…………

怖い話投稿:ホラーテラー 兄Jさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
10800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ