短編1
  • 表示切替
  • 使い方

…ありがとう

初投稿です。

怖い話じゃないし 駄文で長いので、暇な人だけ…

あれは、私が小学3年生に上がった頃でした。

それまで私の家は両親の仲が悪く、お母さんとは違う家に住んでいました。

親父は暴力やら罵声浴びせるやらで私の居場所はなかったんです。

でも、唯一 親戚のおばちゃんの家が心休める場所でした。

ある日 私は親父に怒鳴られる前に床に着こうと早くに寝ました。そこで、なぜか深夜3時頃起きてしまい…目の前に知らない人の影があったんです。

私は焦ってすぐ布団を被り目をつぶりました。5分ほどでしょうか?とても長く感じました。もういなくなった、と思って安心したら

『……ありがとう…』

と 耳元で聞こえたんです。

翌朝 親戚のおばちゃんが亡くなったと聞きました。

死亡時刻は深夜3時5分頃だったらしいです。

その日は丁度 小学4年生にあがった日でした。

駄文 失礼しました(´;ω;`)

怖い話投稿:ホラーテラー 麦茶さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ