病院での怪音と不思議な現象

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

病院での怪音と不思議な現象

初めてで伝わりにくいと思いますが

興味のある方は読んで見てください

あれは昨年の4月頃でした

私は原付を運転中に交通事故に会い入院することになりました

幸い怪我はたいしたこと無く

1週間で退院したのですが

その1週間をほとんど眠れずに過ごすはめになるとは思っていませんでした

それは

入院した初日から起こりました

私は事故にあった記憶もなく

気が付いたら病院でした

そして…

最初の恐怖がさっそく襲ってきました

私「う~ん

ここは?」

しばしキョロキョロ

「あっ…

病院かぁ…事故ったのか?」

しばし

放心

私「今、何時?」

携帯に目をやる

時刻は深夜3時半過ぎ

私「もっかい寝よう」

っとゴロンとなってから

30分くらいでしょうか

突然病室のドアが

ガラガラ

ッと空く音がしました

私「看護婦さんかな? 」

しかし…おかしい

足音が無い…

私「看護婦って足音もさせないんだ」

とか思っているのんきな私

しかし…やはり…おかしい

私が寝ているベットの回りを気配だけがグルグル回っている

私はさすがに怖くなりつつも薄目で確認

そして…誰もいない…が…気配はある

また目を閉じました怖かったもので

結局

気配はしばらくしてから消えました

初日はこれで終わりですが

2日めはもっと不思議な現象に遭遇しました

病院には2度と入院しないと誓った出来事です

怖い話投稿:ホラーテラー ぶっ※さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ