短編1
  • 表示切替
  • 使い方

怨霊

坊主は私を、怖いくらい圧力のある目で睨みこう言った。

「外から話かけられても一切返事をしてはならん。家族の誰かに声を似せる事など奴にとっては容易い事。よろしいですか?」

「はい!睡眠薬飲んで寝るので大丈夫です♪」

「・・・・」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ