短編1
  • 表示切替
  • 使い方

バス内にて

先日、ひょんな事からバスを利用したんですが、その時にちょっと怖いなと思った話があるんです。

私の左の座席に5歳くらいの男の子が座っていて、その前、つまり私の斜め左上の座席に男の子のお母さんが座っていました。失礼ですが、ちょっとやつれたというか…疲れたような顔をしていたかと思います。端から見れば親子の微笑ましい光景なのですが、その会話が怖いんです。

男の子「ママ、次貸して」

よく見るとお母さんはDSをやっていたのです。

お母さん「みんな殺したらね」

男の子「火炎瓶のほうがいいよ」

お母さん「えー、ショットガンのほうが楽しいよ」

男の子「あ、火炎放射器もいいよ。みんな早く死ぬし遠くまで届くから」

その後もどの武器が良いか話し合っていました。

会話の内容から察するに恐らくグラセフではないかと思いますが、そのやりとりにちょっと恐怖を感じてしまいました。

時代の流れなんでしょうか。少し複雑な気分になりますね。

怖い話投稿:ホラーテラー 楽器屋さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ