短編2
  • 表示切替
  • 使い方

双人 修正

ある小さな孤島に双子の兄弟がいた双子といっても二卵生で、後から産まれた弟の体は小さかった

二人は二階建ての蔵付きの家で平和に暮らしていた

しかし一年前、両親の目の前で起きたこの双子達の兄の悲惨な事件をきっかけに両親は双子を虐待するようになってしまった

ある日、事情により引っ越しの準備を進める中、兄は弟の姿を探していた 兄「ねぇ、○○(弟)をしらない?」母「蔵の方へ行ったわよ」蔵に弟の姿は見あたらず、置いてあったはずの書物も無くなっていた

兄が蔵の奥に気をとられていると、突然蔵の入り口が閉じられてしまった

驚いた兄は必死に扉を開けようとしたが、扉は鉄製で小学生の兄には開けられなかった その物音に気がついたのか、蔵の二階から弟が降りてきた

外からは二人を呼ぶ声が聞こえる二人は大声で助けをもとめたが、誰も気づいてはくれないまま夜になってしまった

隅にある小さな傷から、弟が壁を叩くと少し崩れ、穴があいた

二人で穴の中から外を見ていると、親達が荷物を車に乗せて乗り込み、出発してしまうのがみえた

兄は2階に駆けのぼり辺りを見渡していると、ヒビが入った壁を発見した。兄は必至で壁をなぐり逃げる穴を作り、小さな弟だけをこの穴から逃がした。

弟が下りた場所は蔵の裏だった。

弟は入口の方に回ると 扉には鎖がかけられさらにレンガやコンクリートの塊で塞がれていた

弟は少し離れた村まで助けを呼びに駆けていった 弟から事情を聞いた大人たちは扉に巻きついてある錘等を外し、扉をこじ開け蔵に入るが、そこに兄の姿はなかった 

念のため辺りも捜索されたが見つからないまま三年の月日が経ってしまった

あれから村長の家で暮らしていた弟は中学生になっていたいつの間にかあの蔵にはお化けが出ると噂がたっていた一体兄はどこへ行ったのだろう

それから更に一年、島に向かう一隻の船甲板の上では一人の少年が海を眺めていた船長「小僧!こんなしまに一体何の用だい!?」少年「仕事さ!」 そう答える少年の口元にはうっすらと笑みが浮かんでいた。

船長「もうすぐ着くぜ!」少年「ああ!」少年は甲板から室内へと戻る。

初年の心の中(K、この島何かただならぬ感じがする…)

続く

怖い話投稿:ホラーテラー MIILさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ