短編1
  • 表示切替
  • 使い方

男の声

今日見た夢?まぼろし?うまくいえない話なんだけど昨日は0時に就寝。ほんで朝方4時にふと目がさめたら目の前に人が浮いてたんだ…。

まぁ疲れててまぼろしか夢と現実がごちゃまぜになっちょるんやろうと思って無視してまた寝たんよ。

そっから約1時間後の5時すぎにまた目が覚めた時はもう人は浮いてなかったから「やっぱ気のせいやったんや」と自分に言い聞かせ仰向けに寝てたのを横向きになって寝ようとおもって目を閉じた瞬間…

声がかなり低い男の声が耳元で「まだ…いるよ」って囁かれた。

ハッとしてバタバタ部屋の電気つけたけどなにもいない。でも自分自身は鳥肌たちまくり。

かなりおじかった

なんなんやろう。この家にすんで数十年なんもなかったに朝から気分がへこみます…。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ