短編1
  • 表示切替
  • 使い方

いまから20年前

中学生の頃、変な体験に会いました

ある時、学校から疲れて家に帰ってきました

夕方の数時間、昼寝をしようとベッドに横になり、眠りました

いつものように半分までしか眠らずにうとうとしていると足元を誰かがつかんでいます(姿は見ていない)

特に足首の辺りです

そしてつかんでいると今度はシーツをひっぱりはじめたのです

それも何度もです

明らかに人の力と分かりました

私はきっと親が台所からあがってきてかけ直して(シーツ)いるんだろうとのんきに考えていました

不思議と思わなかったし

むしろ、大変疲れていたのでマッサージみたいで楽だと思っていました

それからしばらくたってから夕飯の合図が聞こえたので、したにおりて行きました

直ぐに母に聞いてみると食事を作っていたので知らない、と言うのです

では一体、誰だろう

今考えると、もしかしたら寝ている間に誰かが家に入ってきていたのかと思うと

正直な話 ぞっとします

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ