中編2
  • 表示切替
  • 使い方

掃除の時間。

こんばんは。

お話、始めます。

小学生の頃の話しです。

班ごとに掃除場所がきめられていました。

私達の今回の掃除場所は、

運動場下のトイレでした。

『えぇ〜…。』

運動場下のトイレは、

先生方もめったに見回りに来ないのでサボれる。

しかし、

トイレ掃除=汚い!めんどくさい!

のイメージだったので、

班の反応はそんな感じ。

(文句はいいながらも…)

班の女子三人で女子トイレを掃除していました。

喋りながら楽しくやっていたのですが、

薄暗い雰囲気からか、

『怖い話しようよ!』の展開に。

それぞれ友達から聞いた話だとか、本・テレビで見た話だとか。

薄暗い雰囲気+怖い話で怖くなった私達は、

早々にトイレ掃除を切り上げ、

トイレをでた入り口付近でお喋りしていました。

すると、

『ねぇ…。』

絶っっ対に!聞き間違いじゃありません。

私達三人聞こえているのですから、

私達三人の声ではありません。

(先ほどまで怖い話とかしてたから…。怖い話してると幽霊呼び寄せるっていうし…。)

私はもうびびってました。完璧。

だって私達以外に誰も此処にいない!

これは…!?

『ねぇ…。』

私達『!!?』

友達二人は

『えっ…?えっ…!?

(゜Д゜;≡;゜Д゜)』って感じ。

私はもう声も出ない。

『ねぇ…。』

『うああああぁぁあ!!!!!あああー!!』

逃げました、私一人で。

ごめんね二人とも。

私は友達を置いて全力ダッシュで逃げました。

三回目の『ねぇ…。』で判明しましたが、

どうやら普通に人間の声だったみたいです。

言葉でうまく伝わるかわかりませんが…

私達が掃除していたのは、運動場下。

もちろん運動場上もあるわけで、

そのすぐそばにある道路脇に立っている家。

分かりにくくてごめんなさい。

つまり、家の窓を開けると、

運動場下のグラウンドが見える、もちろんトイレも。

本当にすぐそこに、窓を開けるとその下にグラウンド。

といったぐあい。

そこの奥様だったんですね、『ねぇ…。』の声は。

私は一人逃げ出したから後から聞いたのですが、

その奥様は、

『トイレの電気がいつも付いているから、最後に確認していきなねー。』

と、教えてくれた

とても優しい人でした。

なんだぁぁ!幽霊じゃなかったんだ!良かったぁぁ!

本当、良かったです。

ただ、私の友達からの信頼…。

ガ タ オ チ …。

°・(ノД`)・°・

読んでくださった方、

ありがとうございました!!

(◎∀◎)ノシ

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ