短編1
  • 表示切替
  • 使い方

青猫

僕が小学生の高学年の時の話です。

僕にはもちろん、周りの知人にも霊感はまったく無く特別な能力が有った訳ではありません。

父は普通の会社員で母は専業主婦の平凡な家庭です。

家は二階建てで二階の一部屋を僕の部屋として暮らしていました。

僕はいつもと同じ様に小学校に登校し、そして下校していましたが運の悪い事に友達?のG君とS君に遭遇してしまったのです。ちなみにG君は体が大きくワガママ、s君は家が金持ちで性格が悪い二人組です。

気づかれ無い様にしたのが気に障ったのか二人していつもの様にイジメてきたのです。

同じクラスのSチャンが止めようとしてくれたのですが駄目でした。僕は全速力で家に走って帰り部屋で泣いたその時です、机がガタガタと物凄い音をたてて揺れ始めたのです。

僕が腰を抜かして驚いていた次の瞬間・・・

スイマセン続きます。

怖い話投稿:ホラーテラー いちにいさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ