中編3
  • 表示切替
  • 使い方

信号機(コピペ)

この話は僕の担任だった歴史の先生の友人のお話です。

Aさんは京都の女子大に通う女子大学生です。

ダンス部に所属していて

夏のダンスのコンクールに向けてダンスチームのメンバーである数人の友人と朝から晩まで猛練習します。

夜の練習が終わり、帰る時間はいつも深夜の1時、2時でした。

Aさんはバイクで帰るのですが公園から家への一番近い帰り道は細くて、暗い抜け道のような道路なのです。

時間も時間だし、遠回りして交通量の多い道を選んで帰ってました。

でも深夜なので、多いといってもそれほどなのですが…。

その広い道路の、とある信号によくひっかかります。交差点の横には、ファミ〇ーマ〇トがあります。

よく、ひっかかりやすい信号とかありますよね?

そんな感じです。別に気にもしていませんでした。

そして、ある日。

夜の練習が終わって、いつものように

遠回りして広い道路(よく引っかかる信号のある道路)を通って、帰りました。

その日もやっぱりファ〇マの信号機にひっかかりました。

今日も帰りは夜中です。

その時、自分の横に車が来ました。

並んで信号待ちする形になります。

すると、横の車の窓がスルスル…と下がって中からおじさんが顔を覗かせました。

夜だし、すこしAさんは身構えます…。

「あ、すいません。道をお尋ねしたいのですが…」

話し方や、おじさんの態度から悪い人でもなけりゃ、893の様でもありませんでした。

「すみませんが、〇〇病院はどこでしょうか…」

〇〇病院はその信号から500Mぐらいのところにありました。

ですが、こんな時間に道を案内して犯罪に巻き込まれたくはないものです。

車の中に重症患者のような人影もありません。ちょっと怪しいかも…

Aさんはとっさにそう判断して

「ごめんなさい、分からないです」

と嘘をつきました。

「あ…そうですか。ありがとうございました。」

スルスル…と窓が上がり、信号が青になり車は発進して行きました。

Aさんも家に帰ってその日はただそれだけでした。

また次の日。

また公園で夜中まで練習です。

帰りは勿論遠回りで、広い道路。

そしてまた今日もファ〇マの信号機にひっかかり信号待ち。

『早く青にならんかな〜…ほんま相性わるいわ〜…』

そんな事を考えていると。またAさんの横に車が…。

すると昨日と同じ、あの車なんです

また窓が開き、おじさんが…。

「すみませんが、〇〇病院はどこでしょうか…」

!!!!!(οдО)

「ごめんなさい!!!」

と、叫んで逃げたそうです。

そんな事がまた次の日も続きました。

たまりかねたので、暗くて、細い道を次から通るようにしました。

見通しも利かないし、怖いけれど、変なおじさんに会うよりはましです。

そして、おじさんのことなど忘れていた頃…

またあの広い道路を使いました。やはりファ〇マの信号で止まります。

そして、またあの車が…。

Aさんは怖くなって信号を無視して逃げました…!

その次の日…この謎の車とおじさんのことをダンスチームの友人達に相談しました。

みんなワーキャー言って、怖がるのですが

1人だけ凄く顔色の悪くなった友人がいました。

ほんと真っ青だったらしいです。

「たしかに、怖いと思うけどさ…そんなに真っ青になるほど怖いかー?」

と、友人が茶化して言うのですが、尋常ではない程、怖がっていました。

そういえば、その真っ青な子はファ〇マの裏のマンションに住んでいます。

何か知っているのでは…。

聞くと…真っ青の子はいいました…。

「ファ〇マの横に信号機なんかないよ……」

と。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ