短編2
  • 表示切替
  • 使い方

寝室で聞いたもの

左四隅の机より少し経った頃の話。

―――――――――――――――

二つ目は、ウチと○○(姉)揃って経験した話なんけどな。

夜も遅くなって、ウチと○○はもう寝なさい親に言われて寝室に行った。

でもその日は○○と話が盛り上がって、夜中まで起きてたんよ。

で、お父さんの声とかは聞こえたし○○もウチも気にしないで喋り続けた。

ある程度喋ってじゃぁ寝ようかってなった時、時計見て0時過ぎたの確認した時、そう言えばと姉が話し出す。

「いつもならもう寝てるのにな」

「な、んーあれ、お母さんの声聞こえんなぁ」

「……なんか変やね」

「うん……」

なんとなく異様な空気になってウチも○○も黙って聞こえる声に耳を傾ける。

会話みたいな音とはまた違う、ただ声が聞こえるだけ。

しかも男の声だけ。

「なんかアンタの部屋から聞こえん?」

「う、うん……○○見てきて」

「いいけど……」

「でも置いてかないで」

怖い。とウチが言うと○○もウチだって怖い。と返してきた。一人になるのも怖いしウチと○○は一緒にウチの部屋に行く事を決めた。

恐る恐る部屋を開けた瞬間、耳が痛くなる程の大音量が聞こえてウチも○○も耳を塞ぐ。

ウチの部屋に大音量でラジオが流れていた。

部屋にあるコンポは普通、特定の作業をしなければラジオには切り替わらない仕組み。その上普段からコンポはあまり使わずその日も使ってなかった。

ウチらは恐々とラジオを切りコンセントを抜いて寝室に戻り

震えながら眠った。

翌朝、両親に聞いてみるとやっぱり寝ていて、コンポもいじってないしラジオの音も聞いてないらしい。

結局、あれはなんだったんだろう。

その後もラップ音は良くあったけど

机やコンポの話し以上に怖かった事はないし

こっちに引っ越してからは一切なくなったなぁ。

多分やけど、ウチの部屋になんか居たんかもしれん。

怖い話投稿:ホラーテラー 紅さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
10100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ