続・4時44分に鳴る廃屋の電話

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

続・4時44分に鳴る廃屋の電話

 「都市伝説」ジャンルで先日「4時44分に鳴る廃屋の電話」を投稿した翌日の夜、正確には今日の午前4時台になぜか急に目が覚めた。

 辺りは暗いから夜明け前なのだが、なぜだか身体が熱っぽく、恐怖感を覚えるような観がした。

 すると寝室のテレビ台辺りで木がきしむような音がした。木造住宅は寒暖差がある時はこういう音はよくするのだが、その音は柱や家の木材ではなく、確かにテレビの台からだった。その台も一応木製ではあるが。

 すると今度は枕元で今まで聞いたことがないような音がした。明らかに木材がきしむ音ではない。表現しにくいが、本のページを勢いよく、パラパラッとめくる音に似ている。時間にすると僅か2秒位である。

 よく考えると、枕元には何冊かの書籍等を置いているのだが、その一番上に置いていたのは、旅行のポータルサイト「ぐるなびトラベル広場」内の自分のブログのページをコピーしたものだった。

 そのコピーの一枚目こそ、「4時44分・・」で触れた旧国鉄土讃線の山城谷トンネル切替区間の廃線跡探訪レポートだったのである。しかしそのレポートは一回目のものであり、まだ廃屋の箇所はブログにはアップしていない(市販の拙著の廃線探訪本には記載している)。

 まさか、「廃屋に棲めるモノ」が廃屋のページを探していたとでも言うのだろうか。

 

 次第にまぶたが軽くなる感覚を覚え、目が開きそうになったのだが、必死に堪え、「睡眠中」を装っていたのだが、そのうち、新聞配達のバイクの音が聞こえてきた。逆算すると、私の目の覚めた時刻は、午前4時台後半である。

 時計を見てないので、何とも言えないのだが、私の目覚めたのは、午前4時44分ではなかったのだろうか。

 しばらく中々寝付けなかったのだが、やがて眠りにつき、太陽が昇った後、再び目覚めると何事もなかったかのようだったのだが、持病のメニエル症が発症しており、結局今日、寝床から起き上がれたのは午後になってからだった。現時点ではまだ今日、食事も取ってない状態である。

 これらのことは偶然のただの自然現象かも知れないが、やはり先日投稿した「4時44分・・・」は削除したい。しかし削除する手立てが分からない。削除スイッチはないものか。

怖い話投稿:ホラーテラー 麿’sさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2370
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ