短編1
  • 表示切替
  • 使い方

見てはならぬもの

俺には29歳になる姉がいる。

弟の俺が言うのもなんだが、デブスである。

しかし、正真正銘の父、母、俺と血の繋がった家族だ。

ある夜、トイレに行きたくなり、二階の自分の部屋から一階の親の部屋の前を通りかかった。

「……ぁっ…ん、あっ、いい…そこっ、あんっ」

おいおい、やめてくれよ。

母親の声とは思えないくらいの甘ったるい声。

女ってセックスの時、こんなに豹変すんの?

50も半ば過ぎた両親のセックス、なんとも言えない後味の悪さ。だけど俺は有り余る性欲と好奇心には勝てなかった。

耳を澄ます。

「あぁん、もっと〜」

「これがいいのか?ずぶ濡れだぞ。淫乱女め。」

あぁ、親父、AVの見すぎだ…。

ここで俺は、あることに気づく。

母親は今日、妹(俺にとっては叔母)と旅行にいっている…。

じゃぁ、この喘ぎ声の主は誰だ?

デリヘル?

意を決して、中を覗いた。

続く

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ