短編1
  • 表示切替
  • 使い方

謎の文字

俺はある日、友達のKとMと一緒に心霊スポットに行った。

そこは山奥の小さなトンネルで、周りには街灯一つなく、トンネルの中も真っ暗だった。

俺達は、懐中電灯一つでKを先頭に歩いた。

トンネルの中間に差し掛かった時、白い文字の様な物が浮かび上がった。

Kが懐中電灯で照らすと、そこに書かれていたのは

ウネコラギ

それを見たKが叫び出した。

K「ウ、ウ、ウネコラギ、ウネコラギウネコ・ラギィィィィ」

俺が呆気にとられていると、Mも狂い出した。

M「ウネコラギ一杯390円!!ウネコラギ一杯390円!!」

怖くなって俺はトンネルから逃げ出した。

トンネルからはまだ二人の叫び声が聞こえる。

「ウネコラギ祭だ!ウネコラギ祭だ!ウネコ・ラギィィィィ」

本当にこの出来事にはびびったが〜な。

後で調べてみたんだが、ウネコラギっていうのは、昔ローマで異端とされていた人達が、悪魔を呼び出すのに本当に使っていたそうだ。

嘘だ

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ