短編1
  • 表示切替
  • 使い方

何かおかしい。

有名な話だから、期待はしないでほしい。叩きたけりゃ叩いても良いけどね。

アメリカの空港での話―

空港内にいた捜査犬が自分の仕事場である荷物検査の場所からを逃げ出した。

係員が慌てて追っていくと捜査犬は、夫婦の前で吠えていた。

夫婦はもう荷物を預けたのか何も持っておらず、代わりに母親の手には生まれたばかりの赤ちゃんが抱かれた。

一方このまぬけな捜査犬は夫婦に噛み付こうとせんばかりの勢いだった。

普段は優秀な捜査犬だけに係員は不思議に思いつつも、夫婦にお詫びを言った。

犬をなだめようとしたが、あいかわらずワンワンと夫婦に向かって吠えるばかりだった。

そしてとうとう犬が夫婦に飛び掛かり、あろうことかあかちゃんに噛み付いたのだ!

真っ青になった係員が犬を赤ちゃんから引き離した。

だがどうもおかしい。

犬に襲われたというのに赤ちゃんは声ひとつあげなかったのだ。

係員が赤ちゃんを調べてみると、なんとお腹が縦に大きく裂かれ、内臓の変わりに白い粉がぎっしり詰まっていたのだ。

夫婦は持ち物検査を通り抜けるために赤ちゃんを利用し密輸先の国へ向かおうとしたのだ。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ