短編1
  • 表示切替
  • 使い方

遭難

これは友人から聞いた話。

ある男がひとりで登山に出かけたまま行方不明になった。

3年後湿地帯でその男の遺骨が発見され、遺留品の中のテープレコーダーに毎日の様に助けを求める、男の声が録音されていた。

一日目の録音

「夜になると人の声がする・・・

呼ぶ声がする・・・

誰かいるんだろうか?

こちらのSOSには答えてくれない・・・」

二日目の録音

「たすけてくれ・・・

声がする。

夜になるとあいつがやってくる・・・

助けてもらうなんて甘い考えだった・・・

昨日より近づいている・・・

おそろしいよ・・・

おねがい、たすけて・・・

とてもこわい、とても・・・

だれかたすけて・・・」

三日目の録音

「近くまで来ている・・・

おねがい、たすけて・・・

おねがい、おねがい

よぶ・だれも・・・

・・・にんげん・・・わけない・・・

すぐそばまで・・たすけ・

こえが・・・

おねがい、・・た・・・・て」

こうしてテープはそこで切れている。

それ以後、男はテープに何も録音していない。

しかし、警察がこのテープをくわしく分析すると、三日目のテープが最後に切れるところで、これまでとは違う音が録音されていることがわかった。

それは、遭難した男の声とは違う、別の人間の声。

レコーダーのすぐそばで発せられている。

耳元でささやかれたかのように、はっきりと。

「オイ」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9730
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ