短編2
  • 表示切替
  • 使い方

サラダ油

これはある大学生の話です

その大学生は大学に入学して自炊にはまりました。しかし1年、2年と経つうちに自炊熱も冷め外食や弁当が多くなり自炊しなくなりました。

大学4年になったころまた少々自炊を始めるようになり、大学入学当時に買った1斗缶(試合でアジャコングが使うヤツね )のサラダ油が再び日の目をあびるようになりました。

少しフライパンに垂らしてみる。いやに茶色い。「まあ4年も置いとけば油も酸化するよな。火を通せば大丈夫だべ。」と気にせず使いました。

そして大学卒業間近になってサラダ油がなくなってきて、缶を傾けないと出てこないくらいになりました。ある日、料理をするとき缶を傾けてサラダ油を出してみると、油と一緒に小倉のつぶあんの皮のような物が2、3枚出てきました。「ん?ゴミでも入ってたんかな?」と思いあまり気にとめませんでした。しかし次の日もそのまた次の日もそのつぶあんの皮は出てきました。出てくる量も増えてきました。 そしてさすがにおかしいと思い、意を決して缶切りで缶を開けて確かめてみることにしました。

蓋を缶切りで開けてみると、目に飛び込んできたのはなんと…

大小100匹はいるであろうゴキブリの群れ!まだ半分くらいは生きてるようで、油の中をウヨウヨとうごめいてました。

そう、サラダ油の缶は4年間使わない間にゴキブリの巣と化していたのでした。あのつぶあんの皮だと思っていたのはシんだゴキブリの羽がもげて出てきていたのでした。

何も知らずに彼は1年間ゴキブリのエキスをタップリ味わっていたんですね。

かなりの体力がついたことでしょう

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
60900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ