短編1
  • 表示切替
  • 使い方

彼女と映画館デートした。

すいていたので俺たちは誰もいない列の真ん中に陣取った。

映画が始まってしばらくすると、腕置きに乗せた俺の右手に、柔らかいものがかぶさってきた。

彼女の左手だ。

しかも指の間に指が重ねられる恋人つなぎだ。

俺は舞い上がりそうになったけど、がっつくのは性に合わないので黙ってスクリーンを見てた。

上映が終わって明るくなった。

そこでやっと俺は気づいた。

彼女は俺の左に座ってた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
15700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ