短編1
  • 表示切替
  • 使い方

息子残念

私の息子は幼くして怪奇趣味があり、

五歳くらいから

「幽霊が見える」

「悪霊に取りつかれた」

と騒ぐことが多く、

私は正直うんざりしていた。

息子が10歳の時、二人で多摩川に遊びに行った。

川から岸に上半身を乗せて下半身を浸した息子が、

少し離れた地面にいる私に

「お母さん、僕に何かが入ってくる」

と言って来た。

育児ノイローゼ気味の私は息子を放っていた。

「お母さん、大変だよ。お尻からたくさんのものが入ってくるよ」

うるさいな。何がお尻だ。

「お母さん僕おかしくなっちゃうよう」

やがて息子が岸に倒れこんで静かになった。

様子を見に近付くと、息子の体から

ブキブキ

メチメチ

ブチュルギュル

と音がして、お知りの穴から何かが5・6匹ブュルブュルと

出ていった。

カンディルという名も、

無責任な放流が問題と

なっていることも、

後から知った。

怖い話投稿:ホラーテラー 障さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2160
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ