中編4
  • 表示切替
  • 使い方

長いです。

中学の時に、Aという友人がいた。

そいつは小学時代から探検とかが好きで、よく秘密基地とかも一緒に作った。

Aの最も好きなことは廃墟探検だった。

僕の住んでた町は、いわゆる「昔は栄えてた」というやつで、

近所には新旧関わらず人の出入りのない建物が、

ゴロゴロあった。

Aはそういう近所の廃墟のほとんどに行ったことがあって、

どこから簡単に入れてとか、何階にアレがあってとか、とにかく詳しかった。

ある日僕は、Aに廃墟に行かないかと誘われた。

それはいつもの町の方ではなく、学校の裏山にあった。

山を少し登った所にポツンとある、小さな一軒家がそれだった。

見た目はただの一軒家だった。

壁もそれほど汚れておらず白いままで、全体的にこざっぱりとした家だったけど、

窓が割れていることや、玄関の戸が半分開いていることが、人の住んでいないことを表していた。

何よりも、家の裏にある竹林の葉が、

屋根全体を覆っていて、

何ともいえない雰囲気を醸し出していた。

Aは全く躊躇せず玄関の戸を開け、中に入った。

自分も慌てて続けて入り、驚いた。

綺麗なのだ。

Aと今まで何度か行った廃墟は、どれもゴミは散らかっているわ、

落書きはあるわで、ひどい有様だった。

この家はそうではなかった。

埃っぽいがゴミも落書きもなく、住民の生活の跡がほぼ完璧に残っていた。

綺麗に並べられた靴や、靴入れの上に置かれた子供が作ったであろう、

木彫りの人形が静謐に佇み、まるで住民が突然いなくなり、

そのまま時間が止まってしまったかのような印象を受けた。

「おい、U!見てみろよ!」

玄関の先にあるリビングに先に向かっていたAが叫んだ。

リビングには異様な光景が広がっていた。

角机の上には、食事(だったもの)がそのまま残っていた。

茶碗は全部で4個あり、1個は子供用の小さなものだった。

それ以外にも魚を乗せていたであろう平皿や、味噌汁の椀などが、

机の上に並んだままだった。

しかしそれよりも異様だったのは、その上に撒かれていた「砂」だった。

いや机の上だけじゃない。

それはリビングじゅうに満遍なく撒かれ、

地が出ていない所は無いくらいだった。

「砂」はすごく薄い茶色をしていて、すごくサラサラしていた。

例えるなら、泥団子を作る時に使うさら粉。

あれの色をもっと薄くしたようなものが、リビング全体に積もっていた。

床の上に紙が落ちていた。

拾って見ると、クレヨンで絵が描いてあった。

子供が、父親らしき大人と電車に乗っている。

ずっと見ていると、妙なことに気づいた。

色のついた部分が、でこぼこしている。

「…これ、砂?」

「上に砂がかかったんだろ」

「でも、砂の上から描いたように見える・・・」

「まさか。こんな砂まみれの所で子供が絵なんか描くかよ?」

砂はなおも部屋全体を覆っていた。

リビングから繋がる書斎。

大きな箪笥と仏壇の置いてある和室。

どれも余すところ無く砂に支配されていた。

「なんか、砂に飲み込まれたみたいだよね・・・?」

一番奥の風呂場に辿り着いた時、

僕達の不安と恐怖は確実なものになった。

浴槽は砂で満たされていた。

コテでならしたように、縁に沿って平坦になっており、

その四方には、砂よりも白い蝋燭が、1本ずつ立っていた。

「・・・U、帰ろう」

この異常な空間と空気から、一刻も早く逃れたかった。

でも僕は、玄関まで戻る最中に見つけてしまった。

食器の残された机の上に、子供の小さな手形が残っていることに。

それはそこにだけ異様にはっきりと残っており、

まるで本当に砂の中で生活した跡のようだった。

でも親の足跡などは全く見つからなかった。

Aも僕も、後ろを見ずに玄関を出て、

真っ直ぐ山を降りた。

ずっと無言だった。

家に帰って何日かした後、あの砂について調べてみた。

流石に家の中に砂を撒く、なんて話は見つからなかったけど、

玄関に置く盛り塩、という話が目に止まった。

盛り塩はもともと塩ではなく、白い砂を用いていたのだそうだ。

魔除けとして、鬼門である玄関と、裏鬼門である裏口に、それぞれ盛るらしい。

あの家は、玄関には盛らずに、家の一番奥(裏口は無かった)に、

異様なほど砂が盛ってあった。

そんなことしたら、魔は玄関から入ってきて、

裏から出ずに家の中でどんどん増えていくのでは?

しかも本来の白砂でも塩でもなく、薄茶色い砂では、

余計に魔は除けられず、

一ヶ所に溜まるのでは?

僕はあの家の雰囲気を思い出し、改めてゾッとした。

あれ以来Aは廃墟探検をやめてしまったらしい。

僕もAとは疎遠になって、そのまま違う高校に行ってしまった。

裏山はまだある。恐らくあの家もある。

でももう行きたいとは思わない。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ