短編1
  • 表示切替
  • 使い方

マッチ売りの少女

あるところにマッチ売りの少女がいました。

寒い冬の日、彼女は2種類のマッチを売っています。

ひとつは2箱1ドルのもの。もうひとつは3箱1ドルのものです。

それらを各30箱(計60箱)売らなければなりません。

きびしい彼女の雇い主は「全部売るまで帰ってくるなよ!」

と彼女にきつく言いました。

彼女は必死でマッチを売りました。

しかし、なかなか売れません。

そこで、ふたつの商品をあわせて、5箱2ドルで12組(計60箱)売ることにしました。

(2ドル×12組=24ドル)

彼女は一生懸命頑張りました。

…かくしてマッチはすべて売れました。

彼女は24ドルを持って雇い主のもとへ帰りました。

しかし、雇い主は

「1ドル足りないじゃないか!」

「ねこばばしおって!」

「お前等出て行け!」

と言い、彼女を追い出しました。

もちろん、彼女はねこばばなどしていません。

寒空の中、彼女は一人ですごし、翌日凍えて死にました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
40800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ