短編2
  • 表示切替
  • 使い方

箪笥の住人 (修正)

すみません

途中で投稿してしまいましたm(_ _)m

2つに分けて書きます

初めて投稿させていただきます

「こと」と申します

読みにくい点がありましたらアドバイスお願いしますm(_ _)m

身の回りに1人はいる「自称見える人」のY君の話です。

小3の頃朝のアニメで ぬ~○~の再放送をきっかけに学校では怖い話がブームになりました。

それに便乗してY君は「見える」と言い出したので、私達はあまり信用していなかった。

Y君は調子に乗る傾向が強い人だった。

しばらくしてから「2週間前から毎晩0:20にちっさいオッサンが箪笥から出てくるねん。」とY君…

「出たっ調子乗り」

と思っていたので軽くスルーしていた。しかし、その話が毎日続くのでたしかめるためY君の家に泊まりに行くことになりました。面子は野球仲間のN、 S、とK(私)です。

ある日の練習の後みんなでY君の家に行きました。0:20と時間が時間だけにゲームをしたり、卑猥な話をして暇をつぶしていた(当時はかなりませていました)。

時間が来たので箪笥のある部屋に行った。

Y「来るで…もう来るで!!」

盛り上げようと必死なY

結局待てど何の変化もないまま20分が過ぎました…

S「結局嘘やんっ!!しょうもない#」

痺れを切らしたS…謝罪を求めるN…

二人をなだめるK…

遂に切れたSは止まることを知らず罵声を浴びせていました。

落ち着きを取り戻し練習のある明日に備えて眠ることにしました。

2:30頃にNが奇声を上げたのでS以外は起きました。

N「アレ…」指を差すN

例の箪笥の上から二段目の引き出しが激しく揺れ始め、ついには飛び出して来ました

全員「#%+&?!!!」

こんなことは今まで無いらしくYですらパニックに陥った。

引き出しの中からちっさいオッサンが12、3人蜘蛛の子を散らすように出てきました

オッサン「見つかったっ…今日は4人もおるぞ…○森、伊○院、○作、サザー○ンドは攻撃、それ以外は逃げろぉぉ」

横に立っていたNは気絶し、Yは放心状態…

私Kは失う意識の中Sの右腕に群がる攻撃班のオッサン逹を見ました…

つづきます…

怖い話投稿:ホラーテラー ことさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ