短編1
  • 表示切替
  • 使い方

とあるレストラン

ある日、私は森に迷ってしまった。夜になりお腹も減ってきた。

そんな中、一軒のお店を見つけた。

「ここはとあるレストラン」

変な名前の店だ。

私は人気メニューの「ナポリたん」を注文する。

数分後、ナポリたんがくる。

ナポリたん:「あのォー…何かご用ですか…?」

私は食べる。

ナポリたん:「きゃっ?!ちょ、や、離して!」

……なんか変だ。

ナポリたん:「パンツ脱がせちゃやぁ…」

しょっぱい。

ナポリたん:「ダメ!そこ舐めちゃ…っ…」

変にしょっぱい。

ナポリたん:「ふっ…んぅ……ば、バカ!!」

頭が痛い。私は苦情を言った。

店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」

数分後、ナポリたんがくる。

ナポリたん:「こ、今度は…その…優しく…し、して…ください…///」

私は食べる。

ナポリたん:「っあぁ!気持ちぃっ!気持ち良いよぅ!!はぁっんんっ!」

今度は平気みたいだ。私は店をでる。

しばらくして、私は気づいてしまった……

ここはとあるレストラン……人気メニューは……ナポリたん……

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ